So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

刑務所の食事①・・・留置場・拘置所・刑務所の食事の違いとは? [食事]

これまで取り調べ、裁判、刑務所・・・逮捕されたら経験することをお話してきました。

しかし、皆様の関心が高いと思われる「刑務所の食事」については、避けてきました。

ネットでも書籍でも取り上げているモノは多く、今さら必要ないか?と思ったからです。


ところが、僭越ながら「どれもホントのことを書き切れていない」と、感じます。

情報が古かったり、良くも悪くも誇張されていたり、そもそもウソだったり・・・

ここは一旦、王道の話題「ムショのメシ」についてきちんと書こうか?と思います。


刑務所独特のメニューから、懲役らしい食べ方、うるさすぎる食事マナー・・・

何と言っても多い、メシに関するトラブルまで

他ではちょっと見られないお話をご紹介していきます。


1.それぞれの食事の特徴は?
留置場、拘置所、刑務所、実は食事に関しては大きな違いがあります。

まず、逮捕されたらブチ込まれるのが「留置場」です。

こちらは警察署にあり、警察の管轄


一方で、裁判が始まると移送されるのが「拘置所」

判決が確定し、実刑になると移送されるのが「刑務所」です。

この2つは法務省の管轄です。


つまり、〈留置場の食事〉VS〈拘置所・刑務所の食事〉と、なります。


ちなみに、留置場での生活・食事については、以前の記事

逮捕されてから・・・留置場での生活②

留置場はつらいよ⑩・・・人間扱いじゃない?

にて詳しくお話ししましたので、ぜひお読みください。


留置場:すべて外部業者の弁当
①朝は、食パン2~3枚にジュース1本だけの固定メニュー

②昼・夕は、仕出し弁当。冷え切っている。お世辞にもウマいとは聞いたことがない。

③汁物がつかない(業者によるが、お茶だけ)

④予算は1食400円程度と外部委託なので高い。

⑤夕食は18時


拘置所・刑務所:所内で受刑者が作る
①朝は、麦飯と味噌汁が基本。それに佃煮、海苔といった少量の2品がつく

②昼は全員揃って工場で、は舎房でそれぞれが食事を摂る。

朝は必ず汁物(味噌汁)が付く。昼・夕は、たまに付くこともある。

④予算は1日トータルで530円程度と安い。(主食120円オカズ410円)

⑤夕食は平日17時、休日はなんと16時と早い。


と、まぁ乱暴ではあるが、ざっくりと比較してみました。

お分かりかもしれませんが、拘置所と刑務所は食事内容、システムは共通です。


一見、留置場では外部の仕出し弁当が食べられるので、ウマそうな印象ですが

冷えているわ、汁物は付かないわ、メニューの種類が乏しいわ、で

完全に留置場のメシの方が負けているでしょう


拘置所・刑務所の食事が良いと言っているワケではありません

留置場の方が「人間が食う」メシとしては、より下回っている、ということです。


では、留置場・拘置所・刑務所の食事ですべてに共通していること、わかりますか?

単純ですが、これがわかれば相当な「ツウ」ですよ。


元受刑者の私でも作ることができた、太っ腹!な楽天カードはこちらからどうぞ↓↓


(続きを読む)


↑↑懲役生活は何といっても本がありがたい!楽天ブックスはこちらからどうぞ↑↑

留置場・拘置所・刑務所の食事ですべてに共通していること・・・

それは、すべて「食器孔」(食器口とも書く)から食事が入ってくること。

「オリ」にブチ込まれているので、「食器孔」という穴から渡されます。


慣れないうちは、ものすごく違和感がありますよ~

「ほれ、ポチ~ ゴハンの時間だよー」というイメージがピッタリ

まさに「エサ」を与えられている感じで、ミジメな気分になりますから。


では、拘置所と刑務所の食事の違いは?

それはブチ込まれている本人が「未決」か「既決」か、で変わるだけです。

未決とは、裁判で判決が確定していない。既決は、判決が確定した人です。


拘置所では、未決であれば、3食支給される食事の他に、食べられるのです。

購入や差し入れで入手した、売店で扱うカンヅメ、パン、お菓子などです。

これらを食事時間以外にも勝手に食べられる、という点が大きな違いです。


また留置場では勝手にこそ食べられませんが、15時に購入した菓子は食べられます。

ですから拘置所までは、美味しくはないが、空腹に悩まされることはない

しかし、刑務所は完全に配給される3食のみなので、とにかく空腹がキツイ!


それでは、かなり乱暴ではあるけれども、

拘置所・刑務所の食事の欠点・弱点

独断と偏見でまとめてみました。でも、自信アリ。


①刺身などの生ものはナシ
食中毒の危険や予算の都合上、ムズカシイとはいえ、生魚・生肉がないのはツラい。

昔のムショ体験記を見ると、出ているのだが、今は出ていないようだ。


②生野菜すら出ない
サラダの類は頻繁に出るけれど、キュウリもキャベツも、すべて茹でてある。

生のトマトは夢にまで出てくるほど、食べたかったが、出なかった。


③炭水化物に偏ったメニュー
一日トータルのカロリーを炭水化物で稼ぎ、帳尻合えばいいという感じ。

明らかにタンパク質が足りない。ビタミンB、ビタミンCも不足は明らか


④ソース・しょうゆは小袋のみ
10年くらい前までは、部屋ごとにしょうゆとソースが備え付けられていた。

しかし、健康管理のため撤去され、必要時のみ使い切り小袋で配られる。

あれ、小さいので、明らかに足りないんですよ!


⑤徹底した薄味である
受刑者に占める高齢者の割合が高くなったこともあり、減塩に配慮されている。

一説では、血圧は下がって、具合が悪くなる人間が減り、大成功だという。

「味がついているのか?」というくらいの薄味で、マズい、物足りない


日本食とは元来、オカズのしょっぱさでメシを食うものだから、これはツラい。

薄味には多くの懲役たちが苦しめられ、最後まで慣れなかった

出所して、思う存分、しょうゆ・ソースをぶっかけて食事をしている(笑)。


結局、何がツラくて、苦しめられたか、というと

やはり、空腹だろう


なんせ、休日は16時に夕食を食べ、翌朝8時前まで何も食べられない。

その間、16時間もある

21時の就寝時間には、すでに空腹で

夜中に空腹で何度も目を覚ます


次回は、刑務所の食事を細かく解説していきます。



無職 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村
↑↑ランキング参加中です。クリックしていただけると、感謝感激、生きる希望が湧いてきます。

↓↓出所後もカードは必需品。だったら使いやすい楽天カードはこちらからどうぞ↓↓



↑↑差し入れには本が一番。お得で節約できて、出所後に助かる楽天ブックスはこちらから↑↑
タグ:食事
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 犯罪予備軍のための刑務所マニュアル All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
FXデイトレードのメリット